11月3日、4日、5日は、おけいこ.com山口最大イベント創り人2017

山口県では、島田と書いてシマタ、三井と書いてミイと読む

おけいこ山口は、山口県光市三井というところにあります。ミツイではなく、ミイです。島田(シマタ)川の山側になります。最寄り駅のJR島田駅は無人駅、電車を待っていると虫の声や鳥のさえずりが聞こえ、夏はホタルもいたりします。視界を遮る高い建物や山がないので広々とした気持ちの良いところです。おけいこ山口の裏手の山には貝塚があって、大昔は栄えていたのかも。神功皇后が立ち寄ったという伝説をきくと太古のロマンを感じます。
この素敵な場所にあるパスゲイトビレッジでおけいこ.com山口、創り人展2017が開催されます。なんともう今年で13回目になります。

パスゲイトビレッジ

パスゲイトビレッジ

目が離せない!人気講師によるパフォーマンスは必見

今年は、3日間それぞれ異なるパフォーマンスが人気の先生によって行われます。初日は、みんな大好き!フレンチレンストラン「ルマルカッサン」も経営する五十嵐シェフによるクッキングパフォーマンスです。速見もこみちのようなハンサムな五十嵐シェフが華麗な手さばきで美味しそうな料理が作り上げていきます。今回は、「北欧スモーブロー」。どんな料理なのか想像も付きませんが、きっと美味しいでしょう。食べてみたい!
二日目は、田中洋子音楽教室の田中洋子先生による日本の歌ミニコンサートです。先生のきれいな声を堪能しましょう。うーん、なんだかお腹が空いてきましたね。

ランチタイムは、早い者勝ち!小料理なかのさんま焼きおにぎり

毎年すぐに売り切れる「小料理なかの」のさんま焼きおにぎり。脂ののった焼きサンマと醤油味のご飯がベストマッチ。揚げいなりやだし巻き玉子も一緒に買って、気持ちの良いテラスでランチを楽しむのもいいですね。デザートは、パティスリーミルデリスのケーキにしましょうか。今年はどんなケーキがあるのかな?パティシエみずから産地に行って選んできた果物は、お店ではめったに見かけない出来の良さ。自然な果物の甘みを生かしたやさしい味のケーキがたくさん。楽しい形の焼き菓子はお土産にもよさそうです。そういえば、去年もこのパターンでしたが、ぜんぜん、飽きません。

最終日は書道パフォーマンスで締めくくり

最終日は藤田書道教室の藤田浩苑先生の書道パフォーマンスがあります。目の前で好きな漢字を書いてもらえます。緩急な筆の運び、先生の息づかい、墨のにおい。まるで魅入られたように白い紙に書かれる様子を見つめてしまうことになるのは間違いありません(体験談)。自分で書くコーナーもあるので、書道なんて小学校以来という人でも挑戦できます。そういえば、今年の漢字は何だろう。
最終日のパフォーマンスは、行本匡子先生によるアンガーマネジメント体験講座と二本立てです。自分のなかにどうしようもない感情をコントロールするにはどうすればいいのか。役に立つこと請け合いです。

会場内には、アロマキャンドル作りやカービング体験、ナノドッツ、マヤ暦やオラクルカードといったスピリチュアルな体験、日頃の疲れを癒やすチャンス、リンパケアやマッサージなどの癒やしコーナーもあります。
もちろん、ハンドメイドのアクセサリーやバッグ、ぬくもりのある木工品の販売も行っています。いずれも先生の作品です。特に、木製そろばんは人気の一品。もちろん、そろばんとしても使えるのですが、5桁しかないのでとても実用向きではないのに、なぜか売れてしまう謎の商品です。
山口のイベントから、創り人ページをチェックして、お天気も良さそうだし、おけいこ山口の創り人展2017へ、Go!
そうそう、最終日は空くじなしのくじ引きもありますよ!

ブログ一覧に戻る