体験と見学の違いとは?

見てるだけが見学会、やってみるのが体験レッスン。

実際のお稽古に立ち会って、先生と生徒さんの関係やレッスン中の雰囲気などを知ることができるのが見学会です。
まったくの初心者であれば、ビギナーコース、多少、心得がある場合は、それなりのレッスンを紹介してくださいます。
和気藹々とした感じなのか、ピンと張り詰めた真剣な場なのか、好みもあるので、一度見てみるのがいいでしょう。

一方、体験レッスンというのは、それこそ、簡単なさわりの部分だけを実際にやってみるものです。
だいたい、1時間くらいの時間で、簡単なものを作ったり、身体を動かしたりします。
その習い事に興味があるけど、やったことはない。自分にできるかどうかわからないときなどは、
体験してみるのが一番です。

現代は、数え切れないくらい様々な習い事があるので、興味のある習い事を片っ端から体験してみると、
意外な習い事が自分にピッタリだったと、新しく気づくかもしれません。

おけいこのA to Z一覧に戻る